La minestra alla giapponese
a0156543_7245984.jpg

ここ何日か寒いフィレンツェ。今朝は、裏のモレッロ山に雪がちょっぴり積もってました。

こんな日は、いっぱい野菜を入れたけんちん汁で体を温めて。
日本食好きなバッボの大好物です。

にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ

ブログ村のランキングに参加してます。1日1回クリックして応援して下さい。
partecipo a ranking,cliccate e sostenetemi!!



9月からピッカピッカの小学1年生になるソフィア。
今日から入学申し込みが始まりました。

ソフィアの幼稚園の横の小学校(公立)は、お兄ちゃんが5年間通った小学校。

アンチンが小学生だった頃は、tempo pienoとmoduloという2つの
時間割から選べるシステムでした。
テンポ・ピエーノは、8時半~16時半までの8時間。
モードゥロは、8時半~12時半まで、
ただ、週、1,2回4時半までという時間割。

それが、ジェルミーニ教育相の教育改革によると8時間という時間割はなくすべし!
なので徐々になくなる方向のようですが、小学5年生まで送り迎えを義務づけているイタリアでは、
共働きの家庭にとって午前授業だけとなるとお迎えは難しくなる、などの問題もあって。
市により違うのでしょうが、今のところセスト市ではテンポ・ピエーノは生き残っています。
ジェルミーニ氏の教育改革に関する記事は、こちらから。

先日のオープンデイでは、今度の1年生はtempo pienoが4クラス。
同じ学区内にあるもうひとつの小学校は、2クラス中テンポ・ピエーノ1クラスが出来るかどうかは
6月まで不明・・・。(イタリアすぎる~!)

入学申込書には、「学区内在住」「学区内の学校に兄弟が通学中」「共働き」
「離婚している」などで点数が加算され、点数が多い順に受け付けるというもの。

専業主婦のkumixは、「共働き」の点数がなく、「学区内在住」だけ。
この点数稼ぎの為に、一瞬離婚するか、仕事を見つけるか?なども考えたけど、今更遅いわ・・・。

事務のおばさんは、「ここの小学校への入学は、問題はないでしょう。」なんて言ってたけど、
こちらの小学校でもれたら、もうひとつの小学校のモードゥロへの入学となる~。

できれば、テンポ・ピエーノに行って欲しいママ。
ママ友ランチは、やっぱり行きたいもの~。とかなりエゴですね。ママは・・・。
[PR]
by kumixs | 2011-02-01 07:29 | イタリアの毎日
<< il pattinaggio ... Cigale >>